松江テルサ

お問い合わせ

 

9月28日(土)

第28回しまね映画祭テーマ映画

第84回さんびるシアター

 山懐に抱かれて 』(103分) 

 松江市初上映

 

 

「みんなが幸せになる、おいしい牛乳をつくりたい」と

山の牧場を切り拓く、父と母と、7人の子どもたち。

 

山懐に抱かれて

C テレビ岩手(2019年/カラー/103分)

 

 

≪解説≫岩手県の山あいで、酪農を営む大家族の24年を追った長編ドキュメンタリー。テレビ岩手が独自に取材し、放送を続けてきたテレビ番組に追加取材と再編集を加え、開局50周年記念映画として全国公開された。

岩手県下閉伊郡田野畑村で5男2女と夫婦で暮らす吉塚一家。父親の公雄は山に牧場を切り拓き、限りなく自然に近い環境で草だけを餌に牛を育てる「山地酪農」を実践している。プレハブの家でのランプ生活、大自然を駆け回り牛の世話をする子どもたち、父親と成長した子どもたちとの衝突、仲間たちとのプライベートブランド設立など、実現困難を極める「山地酪農」に挑んできた吉塚家の24年の歳月を丹念に綴っていく。

 

 

◎監督・プロデューサー:遠藤 隆 ◎ナレーション:室井 滋

 

 

10時~午前の部終了時、

遠藤隆監督のトークショー開催!!

 

 

 

日時:2019824()《入替制・自由席》
   ①10:00~②14:00(104)
   各回30分前より開場
会場:松江テルサ 7階ドームシアター
料金:一般・大学生・・・1,200(前売券1,000)
   小中高生・・・500

 

 

※前売券は、上映日の約1ヶ月前~前日まで、

松江テルサ2階事務局で販売しております。

 

 

 

問合せ:松江テルサ事務局(085231-5550

 

10月26日(土)

第28回しまね映画祭共催

第85回さんびるシアター

 こどもしょくどう 』(93分)

松江市初上映

 

僕はいつも 

しらんぷりしていた。

希望を捨てたくないこどもたちは驚くべき行動にでた――。

 

 

こどもしょくどう

C 2018「こどもしょくどう」製作委員会 

配給:パル企画(2018/日本カラー/ビスタサイズ/93分)

 

 

≪解説≫豊かに見える今の日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子どもたちがいる。そんな子どもたちの心の拠りどころとなる‛こども食堂’が、地域の新なコミュニティの場として全国に広がっている。なぜ今“こども食堂”なのか…。そのテーマをこどもの視点から描いた人間ドラマ。

≪物語≫小学5年生のユウトは食堂を営む両親、妹とともに何不自由ないおだやかな毎日を過ごしていた。幼なじみのタカシの家は母子家庭で母親はわずかなお金を置いたまま、ほとんど家に戻ってくることはなかった。

ある日、ユウトたちは河原で父親と車上生活をしているミチルとヒカルの姉妹に出会う。姉妹の境遇を気の毒に思ったユウトは実家の食堂に連れて帰り、食事を出してほしいと願い出る。そして数日後、ある事件が…。

ユウト役を藤本哉汰、ミチル役を鈴木梨央、食堂を営むユウトの両親役を吉岡秀隆、常盤貴子がそれぞれ演じる。

 

◎監督:日向寺太郎◎原作:足立紳◎脚本:足立紳/山口智之

◎音楽:Castle in the Air (谷川公子+渡辺香津美) 

 

◎出演:藤本哉汰、鈴木梨央、降谷建志、石田ひかり、常盤貴子、吉岡秀隆

 

日時:2019824()《入替制・自由席》
   ①10:00~②14:00(104)
   各回30分前より開場
会場:松江テルサ 7階ドームシアター
料金:一般・大学生・・・1,200(前売券1,000)
   小中高生・・・500

 

 

※前売券は、上映日の約1ヶ月前~前日まで、

松江テルサ2階事務局で販売しております。

 

 

問合せ:松江テルサ事務局(085231-5550